ジシバリとツユクサとハコベについて勉強した

花の実態について受講しました。ジシバリ(要所縛り)は、キク科で茎は長く要所をうん、その先で根をはりまた伸びて、壌土を組み合わせるようにおおいます。葉や茎を下回ると白い汁が出てきてなめると、にがみがあります。岩の隔たりの少しの大地にも根をはるのでイワニガナともいいます。ツユクサ(露草)は、ツユクサプログラムで高さ20〜50cmになり、花期は6月収〜9月収だ。未明開いた花は昼間にはしぼみます。その短命が言い方の先駆けだ。花びらの汁を青花と効く、染色に用います。青色のことを花色というのもこのためだ。ハコベは、ナデシコ科で春の七草の1つでハコベラともよばれます。鳥やウサギのえさになり、おひたしにして食べると旨いだ。朝日がぶつかると花が解くのでアサシラゲともいいますが、空模様の低い太陽は開花しません。花の冠について勉強してきましたが、聞いた実態いらっしゃる花の冠もありましたが、知らなかった花の冠もあったので花について知れて良かったです。