稲の研究というのは間違いなく日本が最先端になっています

稲のゲノム研究というのはかなり進んでいると言っても過言ではないのですがそれは一体どうしてなのかと言いますとお米自体アジアの人々の主食でありカロリーの50%から80%くらいは米から取られています。つまり非常に重要な食料であり米はアジア圏では最大の生産が行われている穀物であるからです。世界で一番生産されている穀物といえばとうもろこしなのですが米の方が何かと便利ということがあったりしておすすめできる要素がありますし、ゲノムの研究もかなり進んでいるといえますので今後もさらに期待できるということには間違いないことでしょう。それはよいことではありますが遺伝子に関することは身体に何か問題にならないのか、という不安があることでしょう。確かにそうした部分において不安になることはあるでしょう。ですが、それでも生産量が高くなる、ということはまさに素晴らしいことであるといえるでしょうから、今後もどんどんやっていって欲しいと思えることになります。http://www.nagasaka-kanko.jp/